aga治療は自由診療

通常医療機関で治療を行う場合、保険診療ということで保険が適用され、実際にかかる治療費の3割を負担することになります。
しかし、aga治療に関しては、自由診療ということになり、保険診療が適用されませんから、3割負担ではなく全額負担となります。
また、自由診療なので、治療については、aga治療を行っている医療機関によって治療費が異なるということになります。
ですから、これからaga治療を考えているのであれば、保険診療ではないということを知った上で通院するということが大事になってきます。
特にaga治療の場合、通院はある程度長期的な期間になることが多いので、継続して通院するとなるとある程度の費用が予想されます。
もしも、通院にかかる費用が気になるのであれば、通販で薬を購入して自分で薬を服用するという方法もあります。
この方法であれば、薬の購入代金だけで済むので、例えば薬にかかる費用が1か月1000円程度に抑えることもできます。
ただし、自分で薬を購入して服用する場合は、すべて自己責任ということになりますから、しっかりと薬の処方の説明をみて理解し、どのような副作用があるのかということを理解した上で服用することが大事になってきます。